一戸建てを選ぶとき、悩みどころとなるのが、リビングの形状。リビングインか独立リビングか・・・。二つはどのように異なるのか。そして、長所と短所は。多くの人が抱く疑問をズバリ解決しよう。

「リビングイン」は居間が出入りの中心になることを指す言葉。リビング内に階段を設け、リビングを通って2階への出入りを行う方式だ。

 

リビングインの長所は、階段スペースをリビングの一部にできるため、リビングが広く感じられること。小さな子供が階段のステップに腰掛けて遊んだり、階段にモノを飾ることもでき、階段空間が有効活用される。

 

「2階に子供部屋があるとき、リビングから子供部屋の出入りをチェックでき、子育てに有効」という説もある。

 

この説、話としてはおもしろいが、子供部屋の出入りをいちいちチェックするという親の姿勢はいかがなものか。「子供は部屋でわるいことをする」という疑いの目で我が子を見るようで、私はいい気持ちがしない。

 

親子関係が良好であれば、どんな間取りであっても子供はまっすぐに育つ。逆に親子関係がわるければ、リビングインにしても子供の非行防止効果は期待できない。「リビングインにすれば、どんな子供も非行に走らない」とは言い切れない、というのが本当のところだろう。

 

一方で、リビングインの短所となるのは冷暖房効率(特に暖房効率)がわるくなること。冬、暖房器具を付けても暖気が上に上がってしまうため、リビングがなかなか暖まらないという現象がおきがちだ。

 

2階に上がる階段をリビングから離し、廊下部分に配置するのが独立リビング、もしくは階段独立型などとよばれる方式だ。

 

こちらは、冷暖房効率が高く、各居室のプライバシーを確保しやすい。一方で、短所となるのは、床面積を有効活用できないこと。階段スペースにかなりの面積が取られ、結果的にリビングが狭くなりがちだ。

 

また、リビングに居ると2階の様子がわかりにくく、2階で突発事態が起きたとき(例えば、家人が心臓発作を起こしたときなど)に気づきにくいという短所もある。

 

建売住宅では、多くの場合、リビングインの家と階段独立型の家を用意し、好みで選べるようになっている。長所と短所を考慮し、ライフスタイルにあったほうを選びたい。

ライフスタイルにあったリビングを選ぼう

ライフスタイルにあったリビングを選ぼう

 

次は、「3階建て住宅の長所と短所」についてお話ししよう。

公開日: / 更新日: