一戸建ては、高齢になったときに住みやすいのだろうか。段差が多く、高齢者にとって住みにくいのではないかと思えるのだが、さていかがなものか。私が見聞きしてきた例を元に検証したい。

高齢になり、一戸建てを離れてマンション暮らしを始めた人の話を聞くと、次のような理由が挙げられる。

  • マンションのほうが暖かい
  • マンションのほうが防犯性が高い
  • 一戸建てよりコンパクトなので、掃除の手間が少なくて済む
  • マンションのほうが駅に近く、買い物等が便利
  • マンションのほうが、日当たりや眺望がいい

このほか、雪国に住む人の場合、「冬の雪かきや雪下ろしの手間がかからない」という理由や、沖縄で「台風に強いし、台風一過の後始末が楽」という理由もあった。

 

一方で、高齢になっても一戸建てに住み続ける人たちの意見を聞いてみた。

  • 愛着のある家から離れがたい
  • 一戸建ては、リフォームで高齢者向けに変更しやすい
  • 二世帯同居ができる
  • 慣れ親しんだご近所さんから離れがたい
  • ペットと一緒に暮らしやすい
  • 駐車場が目の前にあり、車を利用しやすい

このなかで、注目したいのが「二世帯同居ができる」というものだ。

二世帯同居は、一戸建てのほうが適している。特に、親の介護をしながらの同居「介護付き同居」の場合は、一戸建てのほうが向いている。かくいう私も実は介護付き同居の実践者。その経験から申し上げると、まず介護付き同居では「大がかりなリフォームをしやすいかどうか」がポイントになる。

 

トイレと浴室の入り口を広げる、広い寝室スペースを確保する、といった大がかりなリフォームなのだが、一戸建てならばそういった変更を加えやすい。

 

夫婦のどちらかが介護が必要になったとき、そのためのリフォームを行うのは簡単なことではない。その人の状況、介護する人の状況に合わせ、大がかりな工事になることが多い。ヘルパーさんなどの介護に頼らず、自立した生活を営もうとすれば、さらに大変。徹底的な変更が必要になる。

 

徹底的なリフォームを行うとしたとき、その要望に応えてくれるのも一戸建て。大がかりなリフォームになればお金はかかる。が、そのお金さえ工面すればかなりの事が可能になる――それも一戸建ての長所なのである。

 

一戸建てなら介護付き同居のリフォームもしやすい

一戸建てなら介護付き同居のリフォームもしやすい

 

次は、「一戸建てのほうが、お金がかからないって本当?」についてお話ししよう。

公開日: / 更新日: