(株)リビタが2009年にリノベーション施工をした「リノア赤羽」は、大手企業の使用していない社宅を買い取り、一棟丸ごと徹底的に改修して分譲するというスタイル。それも単に専有部分だけを改修するのではなく、建物全体の劣化診断や躯体の構造調査を行い、それを元に必要な修繕工事を施し、敷地内緑地全体や庭も含めた共用部分をもデザインしなおすという徹底ぶり。以前の無機質な社宅が実に魅力的なエコマンションに生まれ変わりました。

リノベーション事例

平凡な外観はモノトーンのコントラストが効いたシャープで高級感ある印象へと変身した。意図が明白なデザインの持つパワーが感じられます。

img_index_action_01
(左)リフォーム前 (右)リフォーム後

リノベーション事例

分電盤や自転車置き場だった無味乾燥な空間(ビフォアのアスファルト舗装の空間)が、さまざまな年代の住民たちがコミュニケーションを図れる「出会う庭」へ。さらに画面手前には既存林から外来植物を除いて武蔵野の森の姿を再生した「時間の庭」が広がる。共用部のデザイン監修はブルースタジオが手がけた。

img_index_action_02
(左)リフォーム前 (右)リフォーム後

リノベーション事例

左はリフォーム前の社宅の様子。右はマンションリノベーションに定評のあるブルースタジオが手がけたコンセプトルーム。黒いタイルで囲まれた浴室(写真中央の黒い部分)がシンボリックだ

img_index_action_03
(左)リフォーム前 (右)リフォーム後

オール電化+内装を選べてこの価格

専有部分のリノベーションで最も安価なプラスリノベーションコースは、既存の間取りをベースに、設備機器をリニューアルし、IHクッキングヒーターとエコキュートを設置したオール電化仕様。掛け合わせ自由な豊富なカラーセレクトプランから内装を選べます。また、設備や環境などを鑑みると、周囲の新築マンションに比べ価格的にもかなり割安感が感じられます。

■周辺マンションの相場とプラスリノベーションコースの価格比較(坪平均単価)
・新築マンション 約240万円
・中古マンション 約160万円
・プラスリノベーションコース 約171万円

元は大手ゼネコンが施工した平成4年竣工の高品質な建物。解体してゼロから建替えるよりも、必要な改修工事を施してさらに魅力をプラスするリノベーションの方がはるかに合理的で、環境負荷も低く、上質なエコ住宅を提供できる。リビタのリノベーション事業の基本コンセプトはこの点にあるようです。

契約はスケルトン状態で購入し、内装の工事請負契約を結ぶ2段階方式。予算に合わせて選べる点がリーズナブルですが、仕上げ材や設備にこだわると、新築よりも高価になる場合があるので、お財布との相談ですね。

大規模修繕工事済みの安心感と共有の森が得がたい魅力

img_index_action_04
春に催された「もりのべピクニック」の様子。
23区内駅徒歩圏とは思えない豊かな森だ

■リノア赤羽だけの”わが森”

このリノア赤羽の魅力はほかにもあります。一つは中古物件購入の際の気になるポイント、建物の構造に対する信頼性の高さです。第三者検査機関が建物全体の劣化診断や構造調査等を行い、「コンクリート中性化深さ診断」「コンクリート圧縮強度調査」「給排水設備調査」などを行った上で、必要な修繕工事を実施しています。建物の実状に応じた修繕計画及び修繕工事なので、建物の品質・性能を把握して購入できるわけです。一般的な中古マンションを購入する場合、共用部の診断・改修工事は一住戸単位ではできないため、こちらのほうがより安心して購入できる中古マンションだといえそうです。

さらに、「リノア赤羽」の場合の更なる注目ポイントは、森のリノベーション。従来ほとんど利用されてこなかった敷地内緑地を樹木医に見せたところ、推定樹齢60年前後の広葉樹が多く、武蔵野の森の系譜に繋がる貴重な緑地であることが判明。そこで外来植物を取り除き、より純粋な武蔵野の森の姿に帰すとともに、住民の憩いの場所として位置づけました。

「もりのべピクニック」では樹木医による森の教室を開催し、森について学び、森のある暮らしの豊かさを体感。都会ではなかなか味わえない贅沢といえますし、子供たちのエコ教育の場としても活躍しそうです。

経済面・環境面でもエコであり、なおかつ自分のスタイルに合った暮らしを手に入れられる一棟まるごとのリノベーションは、今非常に注目を集めている住まいと言えるでしょう。

【エコなポイント】一棟丸ごとリノベーションの特徴

・新築を購入するより、リーズナブルに最新設備やスタイリッシュな住まいが手に入る
・共有部分もリノベーションされ、コンセプトを持った住まいに出会える
・既存の建物を再利用しているので、廃材が少なく、地球に優しい

取材協力
リビタ

<<前へ

エコな新築や中古を買う
01 最新のエコ分譲
 ・200年住宅がトレンド
 ・戸建とマンション事例

02 ストック住宅事情
 ・優良ストック住宅普及へ
 ・23区内の森付き物件

「住まいとエコ」TOPへ

関連記事

マンションやビルの屋上緑化はどのくらい進んでいる?
物件どうする? いま注目の「屋上活用物件」 ここがオススメ!
マンションの1階の部屋、メリットとデメリットを考える
大規模マンションによくある敷地内公園の魅力を探ってみる
都心でも緑あふれるあの区が1位!東京都23区散歩のしやすさランキング
全国の一戸建てを探すおすすめ特集から住宅を探す