ログハウスの魅力とは?

玄関を開けたとたんに芳しい木の香りにつつまれるログハウス。どっしりした丸太の梁や柱も安定感を感じさせ、素足で歩くと感じる床の温もりにもほっと心が和みます。木の家の心地よさは、こういった五感を気持ちよくさせてくれる要素を持っていることがあげられますが、もっと根本的な木の性質にも理由があるのです。そのひとつが調湿作用。無垢の木は呼吸するといわれ、湿度が高くなると湿気を吸収し、湿度が低くなると水分を放出して湿度を調整してくれるのです。湿度が下がると体感温度も下がりますから、夏や雨の日など気持ちよく過ごせます。そしてもうひとつが断熱効果。木は構造的に多数の隙間をもっており、隙間に含まれる空気が外からの熱を伝えにくくしているのです。断熱効果はコンクリートの約10倍とまでいわれており、いったん部屋を暖めるとさめにくいというのは、そんな性質が起因しているのです。「夏涼しく、冬暖かい」、これがログハウスの魅力といえます。

kounyu_003
ログハウス

ログハウスの種類は?

ログハウスにはハンドカットログハウスとマシンカットログハウスの大きく2つの種類があります。丸太を1本1本積み上げて建てるハンドカットは、ワイルドで迫力ある外観が特徴。手仕上げの風合いも楽しめます。一方、専用の機械で成形されたログを積み上げるのがマシンカットログハウス。ハンドカットに比べて価格的に安く、品質にバラつきがない。また室内が丸太でなくフラットになるので圧迫感がなく、家具が置きやすいというのも大きな特徴です。またポスト&ビーム構法というのもあります。これは柱と梁を組んで建てるログハウス。在来構法と同じ扱いになるので、ハンドカットやマシンカットに比べて自由度が高く制約が少ないというのが大きなメリットになります。

ログハウスを建てるときの注意

土地を購入して建てる場合は、その土地にログハウスが建てられるかどうか調べることが大切です。街中に建てる場合、防火地域や準防火地域のエリアでは、耐火性能を備えたログハウスでないと建てられません。次にログハウスはセルフビルドという選択肢もありますが、メーカー選びが重要です。メーカーによってはハンドカット、マシンカット、それぞれ得意とするものが違っていたりします。ログハウスは完成後もメンテナンスで長くつきあいますから、モデルハウスや施工例を見学するなどして慎重に選ぶようにしましょう。

関連記事

建てる – バウビオロギー住宅 – 京都のモデルケース
借りる – 自然素材の賃貸 – 都内の畑付アパート事例
一戸建ての外観、色・デザインはどうやって選ぶ?飽きないデザインの選び方
知っておきたい、庭付きの手間と利点
51%Tokyoで本当に暮らしたい住まいのデザインを叶える休日

全国の一戸建てを探すおすすめ特集から住宅を探す

(2013/02/18)