>>>浴槽

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

浴槽【よくそう】

浴室の中で、お湯を溜めておく水槽の部分をいいます。バスタブともいいます。
深さが60センチほどあり、膝を折って入ると肩までつかることのできる「和式」、45センチぐらいの浅く細長い浴槽で、仰向けに近い姿勢で入浴する「洋式」、2つの中間で深さ55センチ程度のものを「和洋折衷式」と分類します。素材は、FRP樹脂人造大理石が主流で、ほかに木製やステンレス、ホーローなどもあります。 最近では、保温性能をより高めた魔法びんタイプの浴槽もあります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

浴槽とは?浴槽の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?