>>>役物鴨居

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

役物鴨居【やくものかもい】

鴨居は、主に木造住宅などの和室において襖や障子などの引き戸状開口部の上枠として、引き戸を走らせるために溝を設けて取り付けられる横木の部材で、役物鴨居は鴨居としての用途だけに使用される無垢の造作材のことをいいます。役物柱(住まいが完成した後も、壁の中に隠れず表に現れ目で見ることができる柱のこと)と比べて材の幅が広いため、丸太の先端に近い末口の直径が、20センチ~28センチ程度の中ぐらいの太さの丸太(中目丸太)以上の太さのある原木からでないと、役物鴨居は採ることができないといわれています。また三つの面が見えるため、節が少なく素性の良い材が用いられることが多いです。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

役物鴨居とは?役物鴨居の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?