>>>ワイヤーメッシュ

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

ワイヤーメッシュ【わいやーめっしゅ】

鉄筋を網のように縦・横に溶接して組まれたもので、土木建築工事のコンクリート強度補強やひび割れを分散し耐久性の向上などを図る鉄筋のことをいいます。「溶接金網」とも呼ばれています。組まれた全体の大きさが1m×2m、2m×4m、鉄筋の径が2.0mm、3.2mm、4.0mm、5.0mm、5.5mm、6.0mm、網目の間隔が50mm、75mm、100mm、150mm、200mmなど、さまざまなサイズや種類があります。また防錆のために、表面に亜鉛メッキ塗装や、ポリエステルコーディングされたものなどもあります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

ワイヤーメッシュとは?ワイヤーメッシュの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?