>>>道路内の建築制限

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

道路内の建築制限【どうろないのけんちくせいげん】

建物を建てるとき、敷地内をはみ出して道路上に建築物を造ることはできないという制限のことをさします。例えば、敷地を造成する際の擁壁屋根の軒先・庇の飛び出し、さらに窓や扉の開閉時に、一時的に道路にはみ出ることも禁じられています。ただし、建築基準法第44条で、公衆便所、巡査派出所あるいは公益上必要な建物で通行上の支障がないもののにおいては、安全上、防火上、衛生上など利便性を妨げない建築物であれば、建築審査会の同意を得た上で建築が可能となる場合があります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

道路内の建築制限とは?道路内の建築制限の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?