>>>道路斜線制限

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

道路斜線制限【どうろしゃせんせいげん】

道路の反対側にある建物の住宅環境だけでなく、前面の道路に対しても日当たりや通風、採光などを確保することを目的として、建物の高さや形を制限されること。建物が建てられた用途地域によって傾斜勾配が決まっていて、敷地が接する道路の反対側の境界線から1メートルにつき住居系用途地域では1.5メートル、そのほかの用途地域は1.25メートル、斜線の内側に建築物を納めなければなりません。状況次第では道路からセットバックして建てるなどの措置が必要なこともあります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

道路斜線制限とは?道路斜線制限の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?