>>>同寸角たすきがけ筋交い

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

同寸角たすきがけ筋交い【どうすんかくたすきがけすじかい】

住宅の柱と梁などの横架材を補強する筋交いの太さが、幅3寸(約9センチ)×奥行き3寸(約9センチ)の3寸角材で、たすきがけにしたもののことをいいます。この方法を用いると壁倍率は5.0となり、最も大きな数値(上限値)となります。
同寸角筋交いとの違いは、壁倍率の数値の違いと通風や採光などの観点から補強壁にたすき掛け筋交いをするケースが多いといわれています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

同寸角たすきがけ筋交いとは?同寸角たすきがけ筋交いの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?