>>>土蔵造り

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

土蔵造り【どぞうづくり】

日本の伝統的な建築様式で、四面の外壁を土と漆喰で塗り固めた建築物のことをいいます。一般的には「蔵」とよばれています。壁厚は約20~30センチと分厚く、防火性に優れるのが特徴です。中世の頃から建てられていたと言われています。農家では、倉庫や保管庫として多く用いられてきましたが、商家では店舗としても利用されました。
現在では伝統的な外観をいかした街づくりが各地でおこなわれています。貯蔵用の土蔵としてではなく、店舗・住居を兼ねた見世物蔵として活用されています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

土蔵造りとは?土蔵造りの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?