>>>特定防火設備

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

特定防火設備【とくていぼうかせつび】

防火シャッターや鉄製の防火ドア、超耐熱結晶化ガラスを用いた防火戸など、建築基準法施行令第112条第16項にて耐火性に優れた設備のことをさします。防火区域内に建物を建てる際は、その開口部に「特定防火設備」の使用が義務付けられています。従来の建築基準法が定めていた「甲種防火戸」とほぼ同じ性能が求められ、加熱から1時間の遮炎性能が必要とされています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

特定防火設備とは?特定防火設備の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?