>>>特定地区防災施設

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

特定地区防災施設【とくていちくぼうさいしせつ】

地震などの災害時における火災などによる延焼抑制や、安全な避難路を確保するために整備されるもので、特に重要な生活道路として位置付けられる道路などをいいます。道路の場合は概ね6m以上の幅とされています。沿道建築物は、高さの最低限度5m、準耐火構造または耐火構造、間口率0.7以上とされています。 同じような理由で、中高層住宅の敷地内に確保された空地やポケットパークなども特定地区防災施設です。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

特定地区防災施設とは?特定地区防災施設の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?