>>>特定建築物の計画認定制度

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

特定建築物の計画認定制度【とくていけんちくぶつのけいかくにんていせいど】

高齢者や身体障害者などが、施設をスムーズに移動または利用の促進を図る「バリアフリー法」に基づくもので、特定建築物を建てる際に、その「建築及び維持保全の計画」を所管行政庁に申請し、認定を受けることで容積率算定などの特例を受けられる制度です。認定されるためには以下の3点を満たす必要があります。
・建築物移動等円滑化基準を超えること
・建築物移動等円滑化誘導基準に適合すること
・資金計画が、特定建築物の建築等の事業を確実に遂行するために適切なものであること

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

特定建築物の計画認定制度とは?特定建築物の計画認定制度の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?