>>>特定建設業許可

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

特定建設業許可【とくていけんせつぎょうきょか】

軽微な工事を請け負ってする場合を除いて、建設業に携わる人は下請け・元請けを問わずに一般建設業の許可を受けなければなりません。その内、施主などの発注者から直接工事を請け負う元請会社が、下請け工事に3000万円(建築一式工事の場合は4500万円)以上を下請契約して工事する時に必要な場合の許可のことをさします。この許可があれば、一般建設業許可よりも、規模の大きい工事を請け負うことができます。建設業法第3条第1項、建設業法第16条で定められています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

特定建設業許可とは?特定建設業許可の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?