>>>土地収用法における立入の許可

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

土地収用法における立入の許可【とちしゅうようほうにおけるたちいりのきょか】

起業者が事業認定申請書を提出する以前に、測量・調査など事業の準備のために他人の占有する土地に立ち入らなければならないときがあります。その時に、土地収用法上の権利にもとづいて都道府県知事の許可を得る必要があり、これを「土地収用法における立入の許可」といいます。柵などで囲まれている土地に立ち入ろうとする者は、あらかじめその旨を占有者に告げなければなりません。また、日出前または日没後は、立ち入ってはいけません。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

土地収用法における立入の許可とは?土地収用法における立入の許可の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?