>>>都心共同住宅供給事業

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

都心共同住宅供給事業【としんきょうどうじゅうたくきょうきゅうじぎょう】

1995年(平成7年)の「大都市地域における住宅及び住宅地の供給の促進に関する特別措置法(大都市法)」の改正により創設された事業のことをいいます。都心に良質な住宅を供給するための事業のことです。敷地、戸数、住宅の広さなど一定の要件を満たす良質な中高層住宅の建設を行う事業について知事が認定を行い、さらに認定事業のうち補助の要件を満たすものは国・都・区から補助を受けることができます。一方で、建設された住宅については、事務所や店舗などに転用されないように適正に管理・処分することが求められます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

都心共同住宅供給事業とは?都心共同住宅供給事業の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?