>>>トップランナー制度

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

トップランナー制度【とっぷらんなーせいど】

トップランナー制度とは、電気製品や自動車の省エネルギー化を図るための制度。市場に出ている製品の中で最も優れた性能レベルを基準にして、その基準以上を他の製品も目指すというもの。これまでは製品自体がエネルギーを消費する自動車やエアコン、テレビなど21種類が対象でしたが、2014年のいわゆる省エネ法の一部改正により、建材として初めて断熱材が加わりました。具体的には、グラスウールロックウール、押出ポリスチレンの3種類。これらを製造するメーカーは、2020年までに熱伝導率を平均6%前後アップさせる必要があります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

トップランナー制度とは?トップランナー制度の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?