>>>特定用途制限地域

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

特定用途制限地域【とくていようとせいげんちいき】

特定用途制限地域とは、自治体が特定の用途の建築物に対して規制できる地域のことです。
用途地域の指定がない非線引き未線引き都市計画区域、および準都市計画区域内で指定されます。
自治体が細かな建築規制を実施する場合、文教地区特別工業地区などの特別用途地区を指定します。しかしこれは、用途地域以外では指定できません。そこで2000年の都市計画法改正時に、特別用途地区に代替として特定用途制限地域の指定が可能になりました。これにより、用途地域のない地域でも、例えば風俗店の建物や、危険度の高い工場などの建設を規制することができるようになりました。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

特定用途制限地域とは?特定用途制限地域の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?