>>>ドライエリア

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

ドライエリア【どらいえりあ】

地下室がある建物において、建物の周囲の地面を深く掘り下げて作った「から掘り」のことを指します。
採光や通風、防湿を目的としています。建築基準法では、衛生上の問題から、地下室には原則としてドライエリアを設けることを定めています。プライバシーを守るためや、雨水の侵入防止のため、ドライエリアの地上部分には腰壁が設けられることが多くなっています。最近では省スペースでできる、深さの浅いミニドライエリアも多く採用されていますが、地上と同じ条件としてみなされるには、奥行き1メートルは必要です。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

ドライエリアとは?ドライエリアの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?