>>>土壌汚染対策法

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

土壌汚染対策法【どじょうおせんたいさくほう】

土壌汚染対策法とは、土壌汚染の状況把握と人への健康被害の防止を目的とした法律です。
近年、工場跡地の再開発にともない、有害物質による土壌汚染が次々と判明し、健康への影響が懸念されたことから、2002年に制定されました。
土壌汚染対策法では、土壌汚染の可能性のある土地について調査を行い、汚染状況が基準に適合しない土地は、「指定区域」として台帳を作成し、閲覧できるようにします。また、汚染状況が人の健康被害におよぶ可能性がある場合には、土地の所有者に汚染除去を命じ、その費用については原因となった企業や人に請求されます。また、土壌汚染指定区域内での開発行為は事前に届出をさせ、基準に適合しない場合には計画変更を命ずるというものです。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

土壌汚染対策法とは?土壌汚染対策法の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?