>>>ドームハウス

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

ドームハウス【どーむはうす】

ドームハウスとは、を使わない正多面体の住宅です。
アメリカの建築家であり数学者・哲学者でもあるバックミンスター・フラー氏によって、1953年に開発された「ジオデジック・ドーム」が基本となっています。「Do more with less (少ない資源で最大の効果を)」を追求した建築物がドーム・ハウスで、細分化された三角形によって構成された球体に近い形状で、少ない材料で建設ができて、強度も高く、室内も広々としています。
ドームハウスは軽量で組み立ても簡単、強風にも強いため、個人宅だけでなく、博覧会用の巨大ドームや富士山頂のレーダードームなど極地観測用ドームなどにも多用されています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

ドームハウスとは?ドームハウスの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?