>>>低炭素建築物

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

低炭素建築物【ていたんそけんちくぶつ】

CO2排出抑制を実現する住宅をいいます。2012年に「低炭素住宅認定制度」が施行され、断熱性などの省エネ基準を満たした上で、冷暖房設備や給湯設備のエネルギー消費量を一般的な設備より10%削減することが求められています。この基準をクリアするには、外壁や床などに断熱材を使用、また窓には複層ガラスを用いるほか、高効率の給湯機器や太陽光発電、節水機器、住宅の劣化対策などを組み合わせる必要があります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

低炭素建築物とは?低炭素建築物の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?