>>>テトラデカン

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

テトラデカン【てとらでかん】

脂肪族炭化水素の一種で炭素が14個連なった直鎖アルカンの事をいいます。石油の中に含まれており、常温では無色の液体あるいは固体で、水に溶けない性質を持っています。そのため塗料、油性ペイント、油性ペイントの薄め液、油性ニス、ワックス、防腐剤などに利用されています。厚生労働省の室内濃度指針値は0.04ppm以下と指定されており、蒸気を吸引した場合は、めまいや吐き気のおそれがあります。皮膚に付着した場合は、皮膚炎を引き起こす原因にもなります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

テトラデカンとは?テトラデカンの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?