>>>転貸借・転借権

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

転貸借・転借権【てんたいしゃく・てんしゃくけん】

賃借人Bが賃貸人Aから借りた物や権利を、第三者C(転借人)に又貸しすることを転貸借といい、転借人Cの権利を転借権といいます。
この場合、賃借人Bは転貸人になります。BがCに転貸するためにはAの承諾が必要で、これに反して転貸すると、AはCに明渡しを求めることができ、Bに対しては契約を解除することができます。ただし、転貸がAに対して、信頼関係が破壊されないようなときには、解除できないことになっています。また、転貸が借地権の場合、Aが承諾しないときは、裁判所は承諾に代わる許可を与えることができます。承諾を得た転貸では、AはBだけでなく、Cに直接賃料を請求できるようになります。ただし、二重取りはできません。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

転貸借・転借権とは?転貸借・転借権の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?