>>>適合証明

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

適合証明【てきごうしょうめい】

適合証明とは、住宅金融支援機構と民間金融機関による長期固定金利住宅ローンフラット35」を利用する場合、その住宅が機構の定める技術基準に適合していることを証明するものです。
「フラット35」は適合証明を受けた住宅でなければ、融資を受けられません。
技術基準は建築基準法に加えて住宅金融支援機構が独自に定めたもので、例えば木造住宅では、「基礎の地面からの高さを40センチ以上」「床下防湿のための工夫」など住宅が長持ちする工夫や、マンションでは、「20年以上の長期修繕計画」などで将来の維持管理がチェックされます。検査は第三者である検査機関所属の建築士資格者が実施し、新築住宅では建築基準法に基づく検査済証が交付されていることを併せて確認します。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

適合証明とは?適合証明の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?