>>>つくばい

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

つくばい【つくばい】

漢字では「蹲踞(つくばい)」または「蹲(つくばい)」。茶室のある日本庭園に置かれており、石を削って作られた「手水鉢」(ちょうずばち)などのこと。鉢が低く構えられ、使うときにつくばう(しゃがむ)ことからその名がつけられています。「手水鉢」のみのつくばいもありますが、役石として「前石」「手燭石」「湯桶石」「水門」がそろうことで、本格的なつくばいとして認められるのが一般的です。もともとは茶室に入る前に、手を清めるために作られたものですが、海外で再現されている日本庭園には、茶室がなくても和の趣を演出できる小道具として、つくばいを設置しているものもあります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

つくばいとは?つくばいの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?