>>>つくば方式

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

つくば方式【つくばほうしき】

つくば方式とは、建物譲渡特約付き定期借地権を応用したSI住宅のことです。
スケルトン定借ともいいます。第1号の事例がつくばで出現したことから命名され、従来にない画期的な手法として注目されています。
スケルトン定借は、建物をスケルトン(構造躯体共用部分)とインフィル(住戸内の内装)に分かれたSI住宅とし、契約期間が30年以上の「定期借地権」物件とするものです。入居者は、当初30年間は定借の持ち家に住み、地代管理費を地主に払います。31年以降は建物を地主に売却し(買い取らない場合は50~60年後)、その後は借家として継続して住み続けることができます。売却代金は、家賃相殺契約を結び、その後の家賃を低く抑えます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

つくば方式とは?つくば方式の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?