>>>中高層建築物紛争予防条例

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

中高層建築物紛争予防条例【ちゅうこうそうけんちくぶつふんそうよぼうじょうれい】

区市町村が一定規模以上の建築に対して、建築物の建築計画を知らせる標識の設置や、近隣住民に建築計画を事前公開の手続きなどを定めた条例のことをいいます。建築物を建てる際、その建築が建築基準法に適合していても、日照問題やテレビの電波障害、工事の騒音、振動など近隣住民との間に様々なトラブルが起こる可能性があり、そうした問題の予防と早期解決に向けた調整を目的としています。万が一、建築主と近隣住民との間に建築紛争が起きた際には、紛争の仲介や調停を行います。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

中高層建築物紛争予防条例とは?中高層建築物紛争予防条例の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?