>>>違い棚

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

違い棚【ちがいだな】

二枚の棚板を、高さを変えて段違いに取り付けた棚のことをいいます。床の間の脇にある「床脇」に設けられるもので、間口1間(約1.8メートル)か0.75間(約1.3メートル)で、床側の棚板の方を高い位置に設置します。また、高い棚には冠・香炉・筆を、低い棚には烏帽子・壺・印判・巻物・書物・硯箱と、元々は「違い棚」に置くものが決められていました。そのため高い方の棚の中央側には、筆が落ちないように取り付けられた「筆返し」が現在も装飾として残っているものもあります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

違い棚とは?違い棚の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?