>>>チッペンデール様式

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

チッペンデール様式【ちっぺんでーるようしき】

イギリスで18世紀中ごろに活躍した家具作家トーマス・チッペンデール(1718年~1779年)による家具の様式です。「クイーンアン様式」の変形である「チッペンデール様式」は、ジョージアン中期を代表する様式で、それ以前の富裕層向けの宮廷様式の家具を、市民の生活環境に合った機能的で洗練されたスタイルに転換させました。チッペンデールはたくさんの家具を作りましたが、中でも椅子のカブリオール・レッグ(猫脚)、リボン・バック(背にロココ風のリボン付き)、シノワズリー(背や脚が直線的で竹に似た中国風の装飾)がよく知られています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

チッペンデール様式とは?チッペンデール様式の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?