>>>中間検査

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

中間検査【ちゅうかんけんさ】

中間検査とは、建物が建った後では隠れて見えなくなってしまう部分を、工事の施工中に検査することをいいます。
工事監理および工事施工が適切に行われているかどうかを確認することが検査の目的です。
工事完了時には隠されてしまう部分、たとえば鉄筋コンクリート造などでは、鉄筋の配筋工事の状態などを、コンクリートを打ち込む前のタイミングで検査します。中間検査に合格すると、「中間検査合格証」の交付を受けます。中間検査は、かつては指定地域を対象として行なわれていましたが、2007年の建築基準法改正によって、3階建て以上の共同住宅については全国どこでも義務化されました。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

中間検査とは?中間検査の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?