>>>代理契約(宅地建物取引業法)

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

代理契約(宅地建物取引業法)【だいりけいやく(たくちたてものとりひきぎょう)】

宅地建物取引業者が、不動産の売買・賃貸・交換の取引について、売主・借主などから依頼されて契約の相手方を探すときに締結する契約です。取引に向けて活動する点や規制は媒介契約とほぼ同一ですが、報酬額の最高限度と、代理となる宅地建物取引業者に契約締結権限がある点が異なります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

代理契約(宅地建物取引業法)とは?代理契約(宅地建物取引業法)の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?