>>>ダイヤモンドカッター

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

ダイヤモンドカッター【だいやもんどかったー】

コンクリート・石・瓦・タイルレンガ等を切断する時に、ディスクグラインダーや電気丸鋸などの切断機に取り付けて使う丸いプレート状の刃のことです。
刃先に工業用の人工ダイヤモンドが埋め込まれていますが、埋め込むといっても細かい粒がまぶしてあるようなイメージになります。人工とはいえダイヤモンドの高い硬度が活かされていて、硬いものが比較的楽に切れますが、ダイヤモンドは熱に弱いため、摩擦熱が高くなる金属の切断には不向きと言われています。道路工事等でアスファルトを切る際に水を使っているのも、刃が焼きつかないようにするためです。また、ダイヤモンドカッターは刃先を研ぐことができないため、基本的には使い捨てとなります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

ダイヤモンドカッターとは?ダイヤモンドカッターの意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?