>>>代襲相続

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

代襲相続【だいしゅうそうぞく】

相続人となるべき人がすでに死亡している場合に、相続分を相続人に代わってその子どもなどが相続できる制度です。相続人が生きていて、重大な過失を犯さない限り、相続できたであろうことを考慮して、その次の世代が相続できるように代襲相続が認められています。亡くなった相続人の配偶者や親などの直系尊属は代襲相続をすることはできません。また、亡くなった相続人に子どもや両親がいなかった場合で、兄弟姉妹が法定相続人になるときは、それより前に亡くなっている兄弟姉妹の子どもまでは代襲相続人になることができます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

代襲相続とは?代襲相続の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?