>>>耐力壁の釣り合い

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

耐力壁の釣り合い【たいりょくかべのつりあい】

木造住宅などで、耐力壁の量が充分であってもバランス良く配置していなければ、地震時に変形やねじれが起き、建物が倒壊する恐れがあります。耐力壁の釣り合いとは、そのようなことが起こらなようバランスよく耐力壁を配置することで釣り合いをとります。以前は、一般的な木造住宅(4号建築物・4号建物)において建物の角部分に耐力壁を設置して上下階で耐力壁の位置を合わせるようにしたり、建物の重心剛心を出来るだけ近接させるなどでバランスをとっていましたが、建築基準法が改正され、各階ごとの壁量のバランスは「軸組み配置の1/4分割法」で検証する方法が新たに導入されました。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

耐力壁の釣り合いとは?耐力壁の釣り合いの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?