>>>耐震型優良建築物等整備事業

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

耐震型優良建築物等整備事業【たいしんがたゆうりょうけんちくぶつとうせいびじぎょう】

耐震性が低い建物の耐震改修工事を促進して、地震による被害を低下させ人の安全を確保することを目的とした事業のことをいいます。認定された建築物の耐震改修工事にかかる費用に、一定額の補助が受けることができます。補助の対象となる地域は「市街地総合再生計画の区域」のほかに、「地震防災対策強化地域」(東海地震)や「東南海・南海地震防災対策推進地域」、「南関東直下の地震対策大綱の対象地域」などの地域内で、下記のいずれかの要件を満たす地域です。
DID地区(40人/ha の密度の市街地が、5000人以上連坦した人口集積地区)
・区域内の住宅の密度が30戸/ha 以上となる5ヘクタール以上の区域(区域内住宅数が300戸以上の区域に限る)

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

耐震型優良建築物等整備事業とは?耐震型優良建築物等整備事業の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?