>>>耐久性等関係規定

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

耐久性等関係規定【たいきゅうせいとうかんけいきてい】

高さ60メートル以下、高さ13メートルまたは軒高9メートルを超える大規模な建物において、「限界耐力計算」を行った場合でも、守らなければいけない耐久性に関する決まりを「耐久性等関係規定」といいます。例えば、下記の場合があります。
構造耐力上主要な部分が腐食・腐朽等の措置を講じてられていること。
基礎荷重等を地盤に安全に伝え、地盤沈下等に対し安全であること。
屋根葺材等が風や地震により脱落しないこと。
・軸組、構造耐力上主要な柱等は防腐・防蟻措置されていること。
・使用する木材に耐力の欠点がないこと。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

耐久性等関係規定とは?耐久性等関係規定の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?