>>>建物明渡猶予制度

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

建物明渡猶予制度【たてものあけわたしゆうよせいど】

賃借物件の入居者は、その物件が抵当権の実行によって競売にかけられ、競落人(競売によって不動産を取得した人)から明け渡しを求められた場合、従わなければなりません。しかし、即時の明け渡しは困難です。そこで、競落人が代金を納付した日から6カ月間が経過するまで、明け渡しの猶予を与えようという制度です。また、賃借権登記や抵当権者全員の同意といった条件を満たせば、賃借人は明け渡さずに済むという「抵当権者の同意により賃借権に対抗力を与える制度」もあります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

建物明渡猶予制度とは?建物明渡猶予制度の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?