>>>移転工事

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

移転工事【たてものいてんこうじ】

道路拡張などの事情によって、主に同じ敷地の中で建物の位置を変更することを「移転工事」と呼びます。一般的に水平移動によって家を解体せずに移動させることを「曳き家(ひきいえ)・曳家(ひきや)」と呼んでいます。また、嵩上げによる建築物の高さの変更(垂直方向への移動)も移転工事と呼んでおり、嵩上げ工事と水平移動を掛け合わせて、道路沿いから同じ敷地内の高台へ家屋を移転させる工事などもあります。大規模な修繕の場合など改めて建築確認を取るケースもあります。
建物移転工事が発生するケースとしては、区画整理で建物を移動する、民家再生、敷地を効率的に利用する、基礎の嵩をあげて湿気対策をするなどがあげられます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

移転工事とは?移転工事の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?