>>>建物の小破

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

建物の小破【たてもののしょうは】

地震などで、住宅の柱や壁、基礎屋根、梁などの構造や建物が受ける損傷の程度を表すもの。「軽微」「小破」「中破」「大破」「倒壊」などに分けられます。「小破」は損傷がわずかであり、修理をしなくてもそのまま継続して住むことができる状態をさします。具体的に言うと、柱・耐力壁の損傷は軽微ですが、RC二次壁や階段室のまわりにせん断ひびわれが見られるものです。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

建物の小破とは?建物の小破の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?