>>>タイル割り

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

タイル割り【たいるわり】

壁や床にタイルを張るときに、先にタイルの並べ方を決めて印を付けて、タイルの割り付けをすることをさします。
タイルの色や大きさを使い分けて模様を象る場合はもちろんですが、同サイズ・同色のタイルを張る場合でも割り付けは必要になります。「タイル割り」をしないと、例えば左端からタイルを張っていき、右端でタイルが半端に足りなくなることが起こったり、足りない幅にタイルをカットして張ることもできますが、左右の端の並びが揃わなくなったりします。しかし、きちんと「タイル割り」をすれば、半端な分を左右均等にすることもでき、タイルの無駄をなくしたりもできます。タイル張りの事前準備として、欠かせない作業の1つです。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

タイル割りとは?タイル割りの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?