>>>宅地造成等規制法

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

宅地造成等規制法【たくちぞうせいとうきせいほう】

宅地造成等規制法とは、宅地造成による崖崩れや土砂の流出による災害防止のための規制を行う法律です。
1962年に施行され、2006年には一部改正法が施行されました。この法律に基づいて宅地造成工事規制区域に指定されると、一定の宅地造成工事をするために、都道府県知事の許可が必要となります。また、造成後も所有者に宅地の保全が義務付けられ、都道府県知事は、災害防止のために必要な措置をとるよう勧告・命令することができることになっています。
さらに、2006年の改正では、宅地造成工事規制区域外にも、宅地造成に伴う災害防止のために、「造成宅地防災区域」の指定制度が導入されました。この指定がなされると、宅地造成工事規制区域と同様の規制を受けます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

宅地造成等規制法とは?宅地造成等規制法の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?