>>>第1種住居地域

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

第1種住居地域【だいいっしゅじゅうきょちいき】

第1種住居地域とは、住居の環境を守るための地域です。
建ぺい率は50・60・80パーセント(ただし、角地は割増になることがあります)、容積率は100~500パーセントです。
住居以外では、床面積3000平方メートルまでの一定の条件の店舗・事務所・ホテル・ボーリング場やゴルフ練習場などが建てられます。また、税務署・郵便局・警察署・消防署などは建物の規模に関係なく建てられます。マージャン店・パチンコ店・カラオケボックスなどの遊戯施設は、規模にかかわらず建築できません。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

第1種住居地域とは?第1種住居地域の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?