>>>宅地建物取引士

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

宅地建物取引士【たくちたてものとりひきし】

宅地建物取引士とは、宅地建物取引士証の交付を受けた有資格者をいいます。
少し前までは、宅地建物取引主任者と呼ばれていました。

資格試験に合格し、都道府県知事の登録を受け、さらに宅地建物取引士証の交付を受けます。登録を受けるには、宅地建物取引に関し2年以上の実務経験を有する者、又は国土交通大臣が認めた者でなければなりません。

宅地建物取引士証の有効期間は5年で、更新には、都道府県知事が指定する講習を受講する必要があります。宅地建物取引士は以下の業務を独占的に行います。
●取引の当事者に対する重要事項の説明
重要事項説明書の内容確認と記名押印
●「契約書」の内容確認と記名押印
宅地建物取引業者は、事務所ごとに一定数の宅地建物取引士を置くことが義務づけられています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

宅地建物取引士とは?宅地建物取引士の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?