>>>耐火構造

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

耐火構造【たいかこうぞう】

耐火構造とは、壁・・床・屋根・階段などの主要な構造部分が、一定の耐火性能を持った構造のことです。
一定の耐火性能というのは、通常の火災が起きてから30分から3時間以上の間、建物が倒壊したり他に延焼したりしない性能を持っていることをいいます。建物部位や階数ごとに耐火性能の規定時間が決められています。一般的には、鉄筋コンクリート造、レンガ造、コンクリートブロック造などの建物で、分譲マンションなどがこれに当たります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

耐火構造とは?耐火構造の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?