>>>断熱補強

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

断熱補強【だんねつほきょう】

断熱補強とは、断熱材の途切れ目である熱橋(ヒートブリッジ)から、熱が逃げていくことを防ぐため、熱橋の周囲に断熱材を増し張りすることです。
熱橋とは、建物の中で、他と比べて熱の逃げやすい部分のことで、鉄筋コンクリート造では、躯体コンクリートが断熱材を貫通する部分がこれにあたります。
外の気温が低い場合、屋外の冷気がこの部分から屋内に侵入して、結露などの原因となります。これを防ぐため、内断熱の場合は、外壁に面した床スラブ戸境壁などの室内側に、一定の範囲にわたって断熱材を張ります。これを折り返し断熱ともいいます。外断熱の場合は、基本的にパラペット(屋上の手すり壁)やバルコニーなど、外壁から突き出した部分を断熱補強します。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

断熱補強とは?断熱補強の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?