>>>待機時消費電力

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

待機時消費電力【たいきじしょうひでんりょく】

待機時消費電力とは、家電製品などが待機状態で消費する電力のことをいいます。
待機電力とも呼ばれます。
リモコンスイッチが普及し、家電製品の主電源を切ったり、コンセントから抜くことが少なくなりました。このように次回にすぐ使えるように常時待機状態でおくだけでも電力は消費され、家庭の電力使用量に占める待機時消費電力量は、平均で約10パーセントになるという調査結果も出ています。特にAV機器などの待機電力が大きいといわれます。
待機時消費電力は無視できない課題であり、最近では、省エネ型の待機電力の少ない家電も登場しています。このタイプは電気料金を節約するだけでなく、節電を通じて発電時に発生する二酸化炭素の排出削減にも有効だと考えられています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

待機時消費電力とは?待機時消費電力の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?