>>>相続税

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

相続税【そうぞくぜい】

相続税とは、亡くなった人の財産を相続遺贈によって取得した個人にかかる税金のことです。
課税対象は、現金、預貯金、有価証券、不動産などのほか、貸付金や著作権など経済的な価値があるもの全てとなります。また、死亡前3年以内に贈与された財産や、相続時精算課税の適用を受けていた財産も課税対象に加算されます。
非課税となるのは、墓地や葬式費用の他、特定の寄付などです。死亡保険金や死亡退職金は、「500万円×法定相続人の数」までが非課税となります。

PR大切なお住まいの売却をお考えの方、まずは査定を依頼してみませんか?

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

相続税とは?相続税の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?