>>>相続時精算課税制度

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

相続時精算課税制度【そうぞくじせいさんかぜいせいど】

相続時精算課税制度とは、贈与税を支払う代わりに、相続時に精算する制度です。
2003年1月1日以降に財産の贈与を受けた人は、贈与税か相続時精算課税制度を選択できます。この制度を選択すると、親から贈与を受けた時点では2500万円までは非課税(超過分には一律20パーセント課税)となり、贈与者が亡くなったとき、相続財産に贈与財産を加算して相続税が課税されます。
この制度を利用できるのは、
●贈与者が65歳以上の親
●受贈者が20歳以上の子(子が死亡しているときは孫)となります。
また、贈与を受けた年の翌年3月15日までに、税務署にその旨の「届出書」を提出する必要があります。

PR大切なお住まいの売却をお考えの方、まずは査定を依頼してみませんか?

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

相続時精算課税制度とは?相続時精算課税制度の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?